オフィスの業務効率化とリスク

現在、ほとんどのオフィスでIT機器が活躍して作業の効率化に貢献しています。そのなかの代表的なものがパソコンでしょう。文章作成はもとより、表計算などの基本的作業、メール送受信による業務連絡のやりとり、インターネットを駆使しての情報収集など枚挙にいとまがありません。

ワードプロセッサが出現したときは文章作成をキーボードで行ない、作成した文章をフロッピーディスクに格納するところが画期的でした。手書きで行なっていた文章がきれいな印刷文字でできあがるのがとても印象的でした。今では電子メールの送受信をはじめとしてパソコンのワープロ機能を使って作成した文章がいちいち印刷することなく、社内や顧客などへ容易に届く時代になりましたね。

電話による連絡を一定時間やめて電子メールでやりとりを行なう会社も出てきています。電話は作業が中断され非効率的です。その点電子メールを使用すれば、作業が一段落したときまとめて済ますことができるので大変効率的です。反面電話でなければ細かいニュアンスが伝わらない、緊急時の連絡ができないなどのデメリットも指摘されています。また電話によるやりとりでオフィスに活気が出てくるといったメリットも見逃せません。そのような点ではメールと電話の両方を上手にミックスさせた方法がベストと言えるでしょう。

今のようにオフィスでの作業をIT機器に頼り切っていまうと故障のとき仕事が全面ストップという事態が起こります。すぐ復旧すればよいのですが、天変地異による場合や、業者に依頼しての工事ということになると業務に多大な影響がでてしまいます。 そのようなことを考えるとアナログの部分も残して緊急時に対応できるようにしておくのが賢明なやり方と言えるでしょう。

とはいえ、やはり技術の進歩は留まることなく、日々進化し続けるため、IT機器に頼らずにこの時代を生き抜くのは難しいのではないでしょうか。
エンジニアの方々も新しいものを次々に開発され、スキルも上がっているようです。今ではエンジニアのスキルをチェックする程、世間に広く知られています。もしあなたがシステムエンジニアであれば、そのスキルがどの程度か、知りたくありませんか?→【http://xn--hckie1ci3bp13amf.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>